食べ過ぎを防ぐ

平塚maru|痩せる仕組みが分かればダイエットは楽しくなる

平塚maru ダイエットアドバイザー鈴木です。

痩せてもリバウンドしてしまうと、せっかく取り組んだダイエットが無駄になってしまいます。

では、どうしたらリバウンドしないようにできるのかということなのですが、これはやはり「太らない行動を習慣にする」という事以外に方法はないとおもっています。

習慣というのは、すぐに身につくものではなく初めの2週間を乗り切りことが大切なんです。

人間は楽な方に流れていくので、この2週間すら継続するのなかなか難しいんですよね。

ダイエットは、強い意志を持つことは必要ではありますが、初めから何もかもを断ち切ることは難しいので、出来る事からゆっくり始めると継続しやすくなります。

自分もそうだったのでわかりますが、急に「今日からお菓子を食べない!」と決めても、3日ぐらいたち「少しぐらいいっか♪」と思った瞬間からその意思がゆるゆるになって、いつしか普通に食べているというパターンになりました。

だから、無理にやめるのではなく「少しは食べてもいいルール」を自分で作りました。

全く食べないよりは、気持ちが満足します。

だから、継続できました。

そんなゆるゆるの状態でも、糖質をきちんと押さえる事ができているので、痩せやすい体には近づいていきます。

簡単に言えば、「以前はチョコレートをひと箱食べていたけれど、半分にしておこう」と控える事ができれば、かなりのカロリーを抑えることができますよね。

これをまず2週間継続すること。

そうすると、不思議な事にからだが甘いものを欲しなくなってくるんです。

糖依存から、抜けた状態になります。

「禁止」しない方が、ダイエットは続きます。

このように「痩せる仕組み」というものがあります。

痩せる仕組みをみにつけると

ダイエットは辛いものではなく、体の変化を感じると共に楽しいものへとかわっていきますよ。