ダイエット

10キロダイエット 空腹の時間が最近あったか考えてみて下さい

平塚maru ダイエットアドバイザー鈴木です。

突然ですが、最近「たまらなくお腹が空いている」という状態になったことはありますか?

食べ物がこれだけ溢れている世の中ですから、このような状態になる事は少ないかもしれません。

なんとなく3食を時間がきたから食べている感じ、すこし小腹がすいたらおやつでも・・・というのが普通の生活になっている人も多いのではないでしょうか?

お腹、空いてますかね?その時。

私も昔は「朝食はしっかり食べないとエンジンかからないから」と思っていたので、半分寝ぼけながらもトーストを焼きマーガリンをつけて一枚食べる感じでした。

お腹、空いてませんでしたけど、食べないといけないものだという習慣から食べていました。

空腹の時間に起こっていること

実は、空腹の時間にこそダイエット効果を高めるようなことがたくさんおきます。

  • 細胞内の不要な物質を分解
  • 細胞内のごみの除去
  • 再生して新しいたんぱく質を生み出す

体内のリサイクル作業が進む、活性化する

空腹時の時には、このようなことが起こります。

残念な事に、常に食べている状態だとこの活性化が(少しは動くが)止まってしまうんです。

たんぱく質は私たちの体には欠かせない3大栄養素の一つなのですが、食べ物から摂るだけではなく、体内で絶えず再生を繰り返しています。

たんぱく質は、筋肉や骨・皮膚・臓器・毛髪・血液・酵素・ホルモンなどをつくる原料となるものです。

空腹時は、この働きが活性化します。

体内が再生されキレイになる事で、脂肪も燃焼しやすい体になります。

体が欲する時に食べる

健康やダイエットの視点から見た時に、あくまでも私の見解ですが3食きっちり食べる必要はないと思っています。

この部分の調整が大切なのですが、バランスよく食べていると体のほうが、「栄養はいま足りてます」と教えてくれるようになります。

・甘いものを欲しなくなる

・暴飲暴食がなくなる

・味に敏感になり、薄味でも平気になる

このように、カラダの方から教えてくれます。

そうなれば、無駄に糖分を多く摂ることもなくなり、余分な脂肪も必要としなくなるので自然にカロリーを減らすことができます。

きちんと空腹を体験できるようになれば、食事がより一層美味しく感じます。

前日の夜に食べ過ぎた日の朝、「今日はお腹空いてないな」と思ったらお昼まで持ち越してみて下さい。無理に食べるよりも、1日調子よく過ごせると思います。